logo_JP_01.png

各種税制説明

トップ > 購入について > 各種税制説明

日本の各種税制説明

不動産売買取引に関連する文書に課される税金です。納税者には、特定の課税文書について、法律で定める課税区分に従って納税する義務があります。支払う税額は、契約書に記載されている金額に応じて200円から54万円になります。

印紙税

登録免許税は不動産についての登記や登録などに課税されます。なお、土地・建物の購入および建設に伴う所有権の移転登記については、免税措置が受けられます。

登録免許税

相続税は、故人の財産または相続財産の譲渡税です。各個人の資産格差を調整するために、一定額を超える財産が取得された場合、財産からある程度の不動産税が課せられます。相続人の死亡が確認された日から10ヶ月以内に、申請者は管轄の税務署に申告書を提出しなければなりません。

相続税

不動産が売買によって取得された場合、または新規建設または建設が完了した場合に都道府県および郡によって課される地方税。不動産取得税の 支払方法は、不動産を取得してから6ヶ月から1年半の間に各都道府県から送られてくる「納税通知」により金融機関に支払われます。また、各都道府県の規則によって支払期限が異なります。

不動産取得税

固定資産税および都市計画税は、毎年1月1日現在の不動産保有者に課せられた税金です。税額は固定資産評価額に基づき計算され、納税通知書に従い納税します。固定資産税の評価は、3年ごとに調整されるほか、一定の要件により減税措置が設けられています。なお、1月2日以降に保有者になった場合は、その年の納税者ではありませんが、事業者決済日に応じて、日割で買い手と売り手が税額を按分することがあります。

固定資産税・都市計画税

消費税は、国内の課税対象法人の売買に適用されます。国内取引とは、中国における価格関係を獲得した資産譲渡、リースまたは労働サービスの提供を指し、資産移転は土地に消費税を課さず、建設移転額と代理店手数料が徴収されます。

消費税

非居住者や外国法人から日本国内にある不動産を賃借して、日本国内で賃借料を支払う者は、非居住者等に対して賃借料を支払う際に、20.42%の税率で、所得税及び復興特別所得税を源泉徴収しなければなりません。また、不動産所有者は、確定申告することにより源泉徴収された金額が精算されます。なお、購入した不動産が所有者およびその親族の居住に利用される場合は、源泉徴収の必要はありません。

所得税

贈与税は、財産が付与されたときに受取人に賦課される税金です。不動産の購入資金に加えて、土地、建物、その他の不動産、車両、その他の資産を無料で取得すると、課税されます。納税者は、毎年1月1日から12月31日までに受け取った財産の総額から、翌年の2月1日から3月15日の間に贈与税を報告し、納付しなければなりません。

贈与税

その年の1月1日現在で居住しているところで課される税金です。また、日本に居住していないまたは日本での居住所の保有期間が1年未満の個人については、住民税は課されません。

住民税

購入について

売買の流れ

不動産投資の

​メリット

日本における

​税制

よくある

質問 

収益不動産一覧

戸別

​物件

一棟

​物件

自社

​開発

logo_JP_02.png

受付時間10:00〜18:00 土日祝・長期休暇を除く

Copyright(c) TAKUTO Property.co.,Ltd (株)宅都プロパティ